臥龍の藤
臥龍の藤

この藤は「野田藤」と呼ばれる種類のもので、当山がこの地に法城を築いた頃、 平山家(南朝方の忠臣)等の力添えにより、京都御所内に植えられておったこの藤を、京都から川下りで大阪湾に運び、 船便で銚子へ廻航して移植されたものです。
樹齢は、樹医山野忠彦氏によれば、750有余年を閲する古木と断定しておられます。
毎年5月になると、長さが5尺余の見事な「紫の花すだれ」を見せてくれます。
根元が龍の寝ている姿に似ているところから、「臥龍の藤」と呼ばれ、訪れる方々から親しまれております。





Copyright(c)2006 妙福寺 All Right reserved.