北辰殿(妙見宮)
北辰殿(妙見宮)

北辰殿と称するこのお堂の本殿は、釘を一本も使わぬ組込式枡組によって築造された、稀に見る名建造物であります。 また本殿奥には聖徳太子が物部氏討伐の際、戦勝を祈念し、自らの童子姿を御親刻された、本朝北辰像造立の濫觴(初めての作)と伝えられる 北辰妙見大士御尊像が奉祀されています。
尚この御尊像は源満仲公が深く尊崇し、代々源家に伝えられ、右大将源頼朝を経て豊臣秀吉に伝承され、加藤清正渡韓の際授けられ、帰国後再び大阪城に祀られたが、 大坂の陣始まる寸前、清正これを奉遷して江戸城中に祀られておりました。その後多古城主、松平家に伝わり、正徳5年、平山久甫、松平家、幕閣等の発起にて、 東海鎮護の妙見様として当山に奉祀される様になったのであります。
爾来、開運勝利・海上安全・除災得幸・学解増進の所願成就を叶える神として「銚子の妙見様」の呼称は全国津々浦々に鳴りひびき、 江戸を中心として年山講の信者の参詣は後をたたず、現在も尊信崇敬するもの、これまた後をたちません。
世に謂う所の「三大妙見」の一つで「能勢の妙見様」「柳島の妙見様」「銚子の妙見様」を斯く称しております。





Copyright(c)2006 妙福寺 All Right reserved.